色彩を生かしたランチボックスのご提案

高齢者向け配食サービス用ランチボックス
lunchbox02
商品の第一印象は「色」で決まる!

高齢者向け配食サービス用のお弁当ケース『耐熱ランチボックス』の色彩提案を行いました。

加速化する高齢社会において、たった1人で食事をとるお年寄りは決して少なくありません。

この提案では、色彩の心理効果を取り入れることで、孤独や老いに対する様々な不安やストレスを緩和しながら、健康に生きていくために欠くことのできない『食』をより充実させることに重点を置きました。

先方のリクエストから、外容器の色はピンクに決まりました。ピンクは幸福と若さの象徴色であると同時に、高齢者の嗜好度も高い色です。内容器の一つ一つが取り出せるため、それぞれのトーン微妙に変化させ、『食』の楽しさを強調。 一般的なお弁当ケースとはひと味異なる、食材がより美しく見える楽しいランチボックスです。

耐熱ランチボックス『あんしん』

耐熱ランチボックス『あんしん』(特許・実用新案・意匠出願済)

色彩提案の背景

私たちの日常は無数の色に彩られていますが、人間が取り入れている情報のうち約9割が視覚からによるものです。

「日本人は目で食べる」と言われています。美しく盛り付けされた食卓には誰もが食欲を刺激されます。つまり、初めて目にした時の「色」の印象が、そのまま商品の第一印象に繋がっているのです。

商品の色彩を考える上で重要なことは、コンセプトやターゲットに適した色彩を選定すること!色相やトーンの微妙な違いや配色方法、色彩の心理効果やメッセージ性を効果的に取り入れることにより、技術的機能的側面に加え付加価値性の高い商品の提案が実現します。

耐熱ランチボックス『あんしん』の特徴

  • 素材:軽くて割れにくく、環境に配慮したPET樹脂(リユース・リサイクル可)
  • 耐熱温度:-20~140℃ 電子レンジでの加熱ができます
  • 本体サイズ:縦200×横200×高さ40㎝
  • 容器の組み合わせは自由自在、温めたい料理だけを温められます
  • 半透明のフタにより、料理と容器の確認ができ、回収時のトラブルが防げます
  • 衛生管理を考慮し、搬送ケース『クールデリバリーボックス・ふれあい』と併せてご利用いただく事で、容器を冷やしてお持ちいただけます

※ 耐熱ランチボックス『あんしん』の販売も行っております。詳細についてご希望の場合は、お気軽にご連絡ください。

問い合わせ