桜色の国

この季節、桜散歩に出かけるのが楽しいですね。

桜をながめているとその花の色に不思議な感動を覚えます。

桜色は日本人の美意識を象徴する伝統色で、古代より装束に使われてきました。

自然の中にある美しい包を生活に取り入れる心の豊かさ・・・

それらの色は現在の暮らしにも息づいています。

 

桜に対する思いは人それぞれですけれども、その中でも

『今年もきれいな花を見せてくれてありがとう』

という気持ちは日本人の共通のものだと思います。

風が吹いて、桜が散っても、桜の思い出は心に残ります。

 

沖田 康子