花の命、シクラメン

去年11月に買い求めたシクラメンの鉢植え、約6か月の間、次から次へ

咲き続けてくれた。

可愛い小さな蕾が翌日にはしっかりと頭を持ち上げ凛として咲き誇る姿に感動し、昼間は太陽光が当たるガラス越しに夜はテーブルのレース編みの上に飾り、「きれいに咲いてくれてアリガトね!」と会話も楽しんだ。

今、盛りを過ぎたシクラメンは、蕾を付けることもなく、5輪の花は力無げである。

寂しい。この寂しさを埋めるため次は何の花を求めようかと花屋めぐりが続いている。

M.S より