被災地への心のケア

熊本地震の悲報が続き余震の連続が一層不安と焦りをつのらせる。

5年前の3・11東北大震災の時、宮城県塩釜市の仮設住宅へ色彩ボランティア活動

として3回程訪問した。当協会の皆さんも協力してくれた。東京駅から新幹線に乗り仙台へ、仙石線に乗り換えお昼過ぎ塩釜へ到着。

カラーとコミュニケーションをとても楽しんでいただく事が出来た

その日に帰る私たちを心配して「気をつけて帰るんだよ!」という優しい言葉が今も

忘れられない。被災者の方々の方が大変なのに、気遣いを見せてくれるその気持ちに

胸が締め付けられた。

今回の大地震で、いったい何が出来るのであろうか?

5年前の体力と気力が今の私には無い。自分自身の体を維持するだけで精一杯。 また、

NPO JCNAの会員が又協力してくれるとしてもその会員自体の命を守らなければならない。 余震が続く現地に向かわせる事は出来ない。皆、介護する親を抱えているから。

美しいカラーカードやクレヨンを贈り、画用紙に今の思いを自由に描いてもらったり、

私たちが描いた簡単なイラストに色を塗って自由に楽しんでもらえたらとも思う。

皆で話し合い出来ることから実践していけたらと願う。

M.S